FC2ブログ
2018/10/03

大阪桐蔭、8冠達成!

高校野球の大阪桐蔭が今年史上初2度目の甲子園春夏連覇を達成して話題となったのですが、その偉業はそれだけに留まらず、なんと、現世代で最後の公式戦を白星で飾り、結局今年の公式戦は無敗の29連勝を達成したのだそうですよ。

このチームが始動した昨秋大阪大会から公式戦通算成績は42試合で41勝1敗ということですから、その凄さは強烈ですね。

しかもその成績たるや春夏の甲子園と、昨秋、今春、今夏の大阪大会。さらには昨秋、今春の近畿大会を制しているようで、今回の国体でも1位となっていて、すべてで8冠達成となったようです。

打撃

唯一の敗戦は昨秋の明治神宮大会準決勝の創成館との試合で、これが唯一の公式戦黒星だったのだとか。

史上最強世代と言われるのがわかりますね。

とはいえ、今回の国体は台風24号の影響で準決勝と決勝の打ち切りが決まってしまったため、4強進出の4校が1位という扱いになるようで、ここはスッキリと優勝したかったというのが本音ではないでしょうかね。

スポンサーサイト
2017/12/26

ZOZOマリンが生まれ変わる

プロ野球の千葉ロッテマリーンズは、来季から本拠地・ZOZOマリンスタジアムに野球専用人工芝「MS Craft Baseball Turf」を導入するのだそうです。

zozo

この「MS Craft Baseball Turf」はミズノ株式会社が積水樹脂株式会社と共同開発した野球専用の人工芝で、より天然芝に近い感覚でプレーできるというのが最大の特徴となっていて、現在日本では西武の本拠地・メットライフドームなどで導入されているのだそうです。

総工費はなんと3億2000万円のようですが、天然芝にできないものなのでしょうかね?

2016/11/14

2016年ワールドラグビー表彰式

11月13日、2016年のワールドラグビー表彰式がロンドンで開催され、年間最優秀選手賞には、ニュージーランド代表、オールブラックスのボーデン・バレット選手が選ばれましたね。

バレット

まぁ、この結果は当然といえば当然かもしれませんね。
なんといってもスーパーラグビーでは、ハリケーンズを優勝に導き、南半球4か国対抗戦のザ・ラグビーチャンピオンシップでもオールブラックスを全勝優勝させていますからね。

勿論、彼1人の力ではありませんが、スタンドオフというラグビーの司令塔で2つのチームを優勝させており、その中でも不動のレギュラーでしたからね。

そして、気になる年間最高トライ賞なのですが、日本代表×スコットランド代表戦で魅せた日本の茂野海人選手のトライがノミネートされていたのですが、残念ながら、この賞には、アイルランド代表のNO8ヒースリップ選手が、シックスネーションズのイタリア戦で決めたチームトライが受賞することになりました。

先の動画にはノミネートされた3つのトライがありどれも素晴らしく甲乙つけ難いのですが、なんとなくカメラワークの差でアイルランド代表のトライが選ばれたような気がします。

あのトライのカメラワークには躍動感と疾走感が見事に表現されていますし、最後にトライが決まるまでディフェンスが絡んできていましたからね。