FC2ブログ
2014/09/29

御嶽山噴火で死亡・心肺停止31人超える

こんにちは、橘田幸俊です。
今日も悲しいニュースが入ってきましたね。

長野、岐阜県境にある御嶽山の噴火で、死亡・心肺停止31人、重軽傷者は両県まとめて63人になったそうです。

死亡が確認された4人と心肺停止状態で見つかった27人の大半が、山頂から南に伸びる登山道沿いの約500メートルの間に倒れていたことが、自衛隊と警察関係者への取材で明らかになりました。

陸上自衛隊や長野県警、消防は29日早朝、約400人態勢で捜索・救出活動を再開し、ヘリコプター3機で心肺停止状態の27人を順次ふもとに運び、地上からは岩陰などに残されている人がいないか探しているようです。

死亡・心肺停止状態で見つかった31人のうち、約20人が山頂の剣ケ峰周辺で発見され、約10人は剣ケ峰から王滝頂上山荘に向かって南に下りる登山道沿いの約500メートルの間に倒れていたとのことです。

気象庁の観測では、御嶽山では27日昼に始まった火山性微動が29日も続いていて、現在も噴火は続いているとみられ、火口から4キロ圏内は大きな噴石や火砕流への警戒が必要とのこと。

捜索・救出活動

捜索・救出活動に当たっている隊員らは火山ガスの検知器を携帯していますが、山頂周辺は有毒な硫化水素ガスの濃度が上がっており、一部の地域では捜索を中断しました。

29日の早朝の時点では山頂は気流も安定しておらず、自衛隊や県警、消防は残る19人の救出を優先しながら、捜索を続けています。

スポンサーサイト
2014/09/11

大きく進化したiPhone6とは?!

中々ブログを書く時間がなく、久しぶりの更新となってしまいました。

最近は、デング熱や土砂災害などのニュースが多かったですが、9日にAppleが2つのiphone6を発表したことによって、昨日からiphone6の話題でもちきりになっていますね。

私はiphoneではありませんが、やはりAppleが出す商品にはとても興味があります。
前々から噂されていたiphone6はどのような機能なのか、少し調べてみました。

iphone6の注目すべきポイント

今回発表されたiphone6は、iphone6とiphone6 Plusというサイズが異なる二つの製品。

ホームボタン、フレーム、ガラスが一体となったシームレスなデザインは、曲面で構成されるカーブドガラスと高精度加工されたデザインになっています。

iPhone6-30-500x292.png

また、画面サイズが4.7インチと5.5インチの2種類で5sに比べると一回りほど大きく、カメラ機能は、画素数こそ8Mピクセルとiphone5sと同じですが、高速なオートフォーカスを実現するFocus Pixelsを内蔵したiSightカメラ、F2.2でより明るく連写やHDR機能が向上した内側のFaceTimeカメラを搭載し、ビデオ撮影では毎秒60フレームのフルHDビデオや、毎秒240フレームのスーパースロービデオ撮影することができます。

さらに、iphone6 Plusには光学手ブレ補正が盛り込まれているのだとか。

基本ソフトのiOS 8には「Health」というアプリケーションが用意され、健康データ管理を行えるほか、オンラインの各種ヘルスケアサービスと直結できます。

そして、一番の注目を集めているのが、NFC

これまでもAppleはNFCの搭載を検討してきたようですが、「NFCを何に、どのように使うか」というアプリケーション面に課題があったため見送られてきており、今回いよいよ登場となりました。

そしてそのアプリケーションが、クレジットカード決済「Apple Pay」。

iPhoneのカメラでクレジットカードのフィエスを撮影し、それをPassbookに登録しておくとクレジットカード決済に必要な情報を認識し、対応NFC端末のある店舗で支払いができるようになるのです!

とはいえ、、残念ながら今のところ米国のみでしか利用できないとのことで、少し残念です。

音楽再生は、iPhone5sが40時間、iPhone6が50時間、iPhone6 Plusは80時間と、前モデルの倍を実現しているようですので、特徴をみていくと、iPhone6 Plusの方が人気が出るんではないかと思いますね。
と言っても、女性にとっては大きすぎるサイズなのかもしれませんが。

どちらにせよ、クレジットカード決済「Apple Pay」がキーポイントになってくるんではないでしょうか。

皆さんなら、iphone6とiphone6 Plus、どちらに魅力を感じますか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。