2016/08/22

ローラー型歯ブラシ

一般的にいうと歯ブラシと言えば、たくさんのブラシのついたもので歯をブラッシングするものだとイメージしますが、なんとなんとこれまでの常識を覆す歯ブラシがあるのだそうです。

ころころ歯ブラシ

この歯ブラシ、京都やまちやの「ころころ歯ぶらし」というものらしいのですが、1本1,800円という高さの割に累計出荷数42万本という大ヒット商品なのだそうです!!

開発者である歯ブラシ職人・富山秀夫さんが25年以上にわたり試行錯誤を繰り返した歯ブラシなのだそうです。

そもそも私たちが歯を失う一番の原因は歯周病で、歯ブラシでゴシゴシと縦方向に磨くことは、かえって歯と歯ぐきに大きな負担を与え、口内環境には逆効果だと言われています。

そこで、横磨きができて、歯ぐきをマッサージしながら、歯の汚れをキレイに落としてくれる歯ブラシということで、今や大注目になっているのだとか。

むむむ、これは気になりますねぇ~~~。
しかし、今はソラデー N4とシロクの組み合わせで、充分満足しているから、なかなかチャレンジしづらいところですね。

ちなみに、この歯ブラシの寿命って、いったいどれくらいなのでしょうね。

スポンサーサイト
2016/08/15

デンタルフロスには医学的な裏付けがなかった?

デンタルフロスを使って、歯の表面に残ったプラークや歯と歯の間に残った食べかすを除去することが推奨されていましたが、なんとその効果には医学的な裏付けがないままだったのだそうです。

デンタルフロス

なんでも、APが昨年アメリカ合衆国保健福祉省と農務省に対し、フロスの効能についての根拠を示すよう求めていたそうで、その結果、今年初めて食事に関するガイドラインからフロスを奨励する項目が削除されたのだそうです。

理由としては、「フロスの効能に関してこれまで科学的な研究が行われてこなかった事実を確認した」と説明しているのだそうですが、これはちょっと驚きですよね。

とはいえ、デンタルフロスをすると、歯はすっきりしますし、食事の後なんて、歯と歯の間につまった食べ物のカスが、ごっそりと取れますから、別に科学的な根拠なんていらないような気がしますけどね。

私の場合は、デンタルフロスを行うというよりも、毎晩、パナソニックのジェットウォッシャー、ドルツで口内のケアを行っているのですが、一度これを体験すると、毎晩口内洗浄しなければ、気持ち悪くなります。

とはいえ、たまにセッティングが面倒くさくて、そのときはフロスを使うのですが、やはり寝る前には、必ず歯のケアを行います。

まぁ、科学が全て万能とは言えませんから、科学的証明がないからデンタルフロスを止めるなんてことはしないでくださいね。

2016/08/05

バーティカル検索サイト「歯科ログ」

バーティカル検索サイトというものがあって、どんなものなのかというと、通常のポータルサイトとは異なり、検索エンジンとして特定分野の情報をWeb上から収集し、横断的に情報を取得し提供するサイトのことなのだそうで、本日、歯科業界向けのバーティカル検索サイトがリリースされました。

歯科ログ

歯科ログ3つの特徴

このサイトには、3つの特徴があるそうで、まずは、複数のサイトでの口コミや評価をまとめて閲覧可能となっていて、さらに、全国の歯医者さんを「地域・評価・症状」別に検索可能となっているのだそうです。

そして、最後は、歯医者のお気に入り登録ができるので、気に入った歯医者をまとめておけば、いい歯医者を厳選することができるようになります。

なかなか、デンタルに関する情報を探したり、ニュースを見つけることは難しかったので、このようなサービスはとてもありがたいですね!

しかも、ロゴもとてもかわいらしく、会員登録した後の「ログイン」ボタンが歯磨き粉の形をしていたりと、なかなかオシャレに仕上がっています。

淡いブルーを基調としたデザインにも好感が持てますね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。