FC2ブログ
2016/09/29

バナナホワイトニング??

なんとバナナの皮には、歯を白くするというホワイトニング効果があるのだそうです。

なんでも、バナナの皮には、マグネシウムやカリウムなどミネラル成分が多く含まれているそうで、その中のカリウムには、歯の汚れにしっかりと吸着し落としやすくしてくれるだけでなく、歯質を強化してくれる働きがあるのだとか。

バナナの皮

その気になるバナナホワイトニングのやり方なのですが、至って簡単で、バナナの皮の内側で、汚れが気になる部分をこするだけなのだそうです。

そして、そのまま10分ぐらい放置した後で、乾いたブラシでそのまま1分から3分程度歯磨きをし、最後に普段通りの歯磨きを行えばいいのだとか。

いや~、バナナって食べてよし、皮をつかってよしと全て無駄なく利用できるのでしょうね
まさに美容を心がける人によっては、スーパーアイテムとなりそうですね。

バナナの皮って、人を転ばせるくらいしか利用方法はないと思っていました!!!

スポンサーサイト
2016/09/06

ダメな歯医者といい歯医者の見分け方

日本の保険医療制度は安く医療が受けられるありがたい制度ではあるのですが、実は大きな問題があって、特に歯医者さんにとっては保険診療による報酬がきわめて低く、利益を出すには1日30人以上の患者数が必要とされるといわれています。

ですので、残念ながら、患者のことを優先的に考えて行動したくても、営業を続けていくためには、理想を捨てなければならないこともあるようです。

虫歯

歯医者を選ぶときの注意点

歯医者を選ぶときに、綺麗な見た目や広告量などで判断していませんか?
勿論すべてが悪いというわけではありませんが、このようにお金がたっぷりとあるような歯医者さんは気をつけておきましょう。

先程も述べたように、歯の治療の保険診療報酬はとても低いので、よほど多くの患者さんを抱えていなくては、通常営業さえままなりません。

まず、選びたい歯科医は、すぐに歯を削ったり、抜いたりしない歯医者さんで、予防に対して最も力をいれてくれる歯医者さんです。

毎回少しの時間しか割いてくれない歯医者さんは、極力避けておいたほうがいいでしょう。
単純に回数を稼いでいるだけの歯医者さんかもしれませんよ。