--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/09/06

ダメな歯医者といい歯医者の見分け方

日本の保険医療制度は安く医療が受けられるありがたい制度ではあるのですが、実は大きな問題があって、特に歯医者さんにとっては保険診療による報酬がきわめて低く、利益を出すには1日30人以上の患者数が必要とされるといわれています。

ですので、残念ながら、患者のことを優先的に考えて行動したくても、営業を続けていくためには、理想を捨てなければならないこともあるようです。

虫歯

歯医者を選ぶときの注意点

歯医者を選ぶときに、綺麗な見た目や広告量などで判断していませんか?
勿論すべてが悪いというわけではありませんが、このようにお金がたっぷりとあるような歯医者さんは気をつけておきましょう。

先程も述べたように、歯の治療の保険診療報酬はとても低いので、よほど多くの患者さんを抱えていなくては、通常営業さえままなりません。

まず、選びたい歯科医は、すぐに歯を削ったり、抜いたりしない歯医者さんで、予防に対して最も力をいれてくれる歯医者さんです。

毎回少しの時間しか割いてくれない歯医者さんは、極力避けておいたほうがいいでしょう。
単純に回数を稼いでいるだけの歯医者さんかもしれませんよ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。