FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/06/06

銀歯から白い歯へ

日本では差し歯、かぶせ物、ブリッジなどの歯の治療において保険が適用される治療を選ぶ人がとても多く、その保険治療で使える素材が決まっているため、奥歯は銀歯、前歯は金銀と天然の歯とは見た目に違和感にある白いプラスティックを装着した治療が主になっています。

しかし、日本以外の先進国では、金属という素材の健康リスクかや審美性の観点から、銀歯による治療は一般的ではなく、透明感のある白いセラミックス素材でできた人工的な歯による治療が広く普及しています。

日本でも、金属を土台にしないで、奥歯のかぶせ物やブリッジとしても耐えられる強さを持つ白い歯の治療はありましたが、高額なため、その治療を諦めている人が多かったようです。

Z冠10ヶ月で3万7千本突破

歯科用医薬品・歯科治療素材世界大手デンツプライ・グループの日本法人、デンツプライ三金株式会社は、銀歯から白い歯への取替えを目的に発売した自費診療、低価格の差し歯・ブリッジ・かぶせ物である「セルコンZ冠(ゼットカン)スタンダード」に関して、より安心して銀歯から白い歯へ移行できるよう、正規のZ冠スタンダードを製作する技工所にその認定書を発行し、破折などに対して5カ年の保証を付与することを発表しました。

新ジルコニア素材、セルコンhtから製作される「セルコンZ冠」は透明感の高い白色、天然歯の削りが少ないこと、丈夫であることが受け入れられ、その製作材料はすでに発売10カ月で3万7千本分が出荷されたようです。

セルコンZ冠は、その色の仕上げによりスタンダードとプレミアムの2種類があり、なかでも低価格のスタンダード冠は銀歯からの取り換え市場を創造し、急速に増加しています。

セルコンZ冠とは?!

透明感のある美しい白い歯と健康的な歯茎を手に入れましょう。

高い審美性

  • 天然歯のような透明感のある白い歯
  • 従来のジルコニアより光透過性15%アップ

身体にやさいしい

  • 天然歯の削る量が少ない
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 細菌や色素の付着が少ない
  • 噛み合わせする歯への影響が少ない

丈夫で長持ちのため、高い経済性

  • 金属と同様の強度
  • 先端コンピューター技術による3次元設計により、低価格を実現
health_a12.png

今までは銀歯が気になり、大きな口をあけて笑えない・・というような患者様も多かったのですが、これからは歯に自信が持てるようになるでしょう。

従来の銀歯などの治療費からは少し高くなりますが、健康にやさしい治療と考えれば、納得の治療となるのではないでしょうか。

Z冠の公式HPでも是非チェックしてみて下さい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。