--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/09/11

大きく進化したiPhone6とは?!

中々ブログを書く時間がなく、久しぶりの更新となってしまいました。

最近は、デング熱や土砂災害などのニュースが多かったですが、9日にAppleが2つのiphone6を発表したことによって、昨日からiphone6の話題でもちきりになっていますね。

私はiphoneではありませんが、やはりAppleが出す商品にはとても興味があります。
前々から噂されていたiphone6はどのような機能なのか、少し調べてみました。

iphone6の注目すべきポイント

今回発表されたiphone6は、iphone6とiphone6 Plusというサイズが異なる二つの製品。

ホームボタン、フレーム、ガラスが一体となったシームレスなデザインは、曲面で構成されるカーブドガラスと高精度加工されたデザインになっています。

iPhone6-30-500x292.png

また、画面サイズが4.7インチと5.5インチの2種類で5sに比べると一回りほど大きく、カメラ機能は、画素数こそ8Mピクセルとiphone5sと同じですが、高速なオートフォーカスを実現するFocus Pixelsを内蔵したiSightカメラ、F2.2でより明るく連写やHDR機能が向上した内側のFaceTimeカメラを搭載し、ビデオ撮影では毎秒60フレームのフルHDビデオや、毎秒240フレームのスーパースロービデオ撮影することができます。

さらに、iphone6 Plusには光学手ブレ補正が盛り込まれているのだとか。

基本ソフトのiOS 8には「Health」というアプリケーションが用意され、健康データ管理を行えるほか、オンラインの各種ヘルスケアサービスと直結できます。

そして、一番の注目を集めているのが、NFC

これまでもAppleはNFCの搭載を検討してきたようですが、「NFCを何に、どのように使うか」というアプリケーション面に課題があったため見送られてきており、今回いよいよ登場となりました。

そしてそのアプリケーションが、クレジットカード決済「Apple Pay」。

iPhoneのカメラでクレジットカードのフィエスを撮影し、それをPassbookに登録しておくとクレジットカード決済に必要な情報を認識し、対応NFC端末のある店舗で支払いができるようになるのです!

とはいえ、、残念ながら今のところ米国のみでしか利用できないとのことで、少し残念です。

音楽再生は、iPhone5sが40時間、iPhone6が50時間、iPhone6 Plusは80時間と、前モデルの倍を実現しているようですので、特徴をみていくと、iPhone6 Plusの方が人気が出るんではないかと思いますね。
と言っても、女性にとっては大きすぎるサイズなのかもしれませんが。

どちらにせよ、クレジットカード決済「Apple Pay」がキーポイントになってくるんではないでしょうか。

皆さんなら、iphone6とiphone6 Plus、どちらに魅力を感じますか?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。