--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/05/20

歯と口の健康週間

今年も6月4日から10日までの間、歯と口の健康週間が始まります。

そもそもこの「歯と口の健康週間」が何かと言うと、日本歯科医師会が1958年から実施している歯と口の健康を考える週間のことで、歯科疾患の予防や早期発見、早期治療を徹底することを日本全体に普及啓発するという目的があります。

歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療を徹底することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進に寄与することを目的としています。2014年度(平成26年度)は「歯と口は 健康・元気の 源だ」の標語のもと、全国各地で地域住民参加型の各種啓発事業を展開しました。
日本健康医師会より

おくりたい 未来の自分に きれいな歯

2015年の標語は「おくりたい 未来の自分に きれいな歯」となっており、いき土からを支える歯科口腔保健の推進を第一の目標としており、日本歯磨工業会と共同でポスターを作成、関係方面に配布しつつ、新聞への啓発広告掲載や歯科診療所掲示用啓発ポスターの作成、シンポジウムの開催、テレビCMの放映などを行うのだそうです。

おくりたい 未来の自分に きれいな歯

私、橘田幸俊もこの日本歯科医師会の活動はとてもいいことだと思っています。
これからの健康のことを考えると、食事や運動に目が行きがちですが、橘田幸俊はその前に歯の健康が一番大切だと思っています。

というのも、食事をするためには歯が必要ですし、運動においても効率的に力を出すためには歯並びが重要だという話も聞きますし、まずはお口の健康を優先すべきだと考えています。

やはり小さい頃から歯の重要性と大切さを子供たちに教育しておくことがとても大切だと思っています。
歯は失って初めて、その大切さを知るものですし、その大切さを失う前に教えてあげることは大人の責任だと思っています。

最近の歯科技術によって、歯を綺麗にしたり、インプラントなどで美しい歯を演出することは可能となっていますが、やはり自分の持って生まれた歯を大切にしなければならないと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。