FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/12/21

歯周病ケアできる飲み物

歯周病って嫌ですよね。
なんでも今では30代の5人に1人が歯周病と言われているそうで、なんとかしたいけど、なかなか毎日が忙しくてケアできないんですよね。

とはいえ、わざわざケアしなくても、実は緑茶やコーヒーが歯にいい飲み物なのだそうですよ。

緑茶といえば、まぁ、カテキンですが、このカテキンが細菌やウイルスに対して抑制作用があlるのだそうで、歯周病菌の増殖を抑えてくれるのだとか。

また、最近ではコーヒーを日常的に飲む機会も増えてきていますが、このコーヒーには活性酸素を抑える働きがあるのだそうで、歯周病の予防効果が期待できるそうです。

とはいえ、砂糖は厳禁ですよ。

歯周病のェックポイントは口の中のネバネバで、このネバネバが虫歯の原因となるプラークで、これが歯周病の第1段階とも言われています。

歯周病を防ぐには、とにもかくにも原因となる細菌を発生させないことですので、歯ブラシでだけで満足するのではなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどで、歯と歯の間につまった食べかすをしっかりと掃除するようにしましょう。

2016/09/06

ダメな歯医者といい歯医者の見分け方

日本の保険医療制度は安く医療が受けられるありがたい制度ではあるのですが、実は大きな問題があって、特に歯医者さんにとっては保険診療による報酬がきわめて低く、利益を出すには1日30人以上の患者数が必要とされるといわれています。

ですので、残念ながら、患者のことを優先的に考えて行動したくても、営業を続けていくためには、理想を捨てなければならないこともあるようです。

虫歯

歯医者を選ぶときの注意点

歯医者を選ぶときに、綺麗な見た目や広告量などで判断していませんか?
勿論すべてが悪いというわけではありませんが、このようにお金がたっぷりとあるような歯医者さんは気をつけておきましょう。

先程も述べたように、歯の治療の保険診療報酬はとても低いので、よほど多くの患者さんを抱えていなくては、通常営業さえままなりません。

まず、選びたい歯科医は、すぐに歯を削ったり、抜いたりしない歯医者さんで、予防に対して最も力をいれてくれる歯医者さんです。

毎回少しの時間しか割いてくれない歯医者さんは、極力避けておいたほうがいいでしょう。
単純に回数を稼いでいるだけの歯医者さんかもしれませんよ。

2016/08/22

ローラー型歯ブラシ

一般的にいうと歯ブラシと言えば、たくさんのブラシのついたもので歯をブラッシングするものだとイメージしますが、なんとなんとこれまでの常識を覆す歯ブラシがあるのだそうです。

ころころ歯ブラシ

この歯ブラシ、京都やまちやの「ころころ歯ぶらし」というものらしいのですが、1本1,800円という高さの割に累計出荷数42万本という大ヒット商品なのだそうです!!

開発者である歯ブラシ職人・富山秀夫さんが25年以上にわたり試行錯誤を繰り返した歯ブラシなのだそうです。

そもそも私たちが歯を失う一番の原因は歯周病で、歯ブラシでゴシゴシと縦方向に磨くことは、かえって歯と歯ぐきに大きな負担を与え、口内環境には逆効果だと言われています。

そこで、横磨きができて、歯ぐきをマッサージしながら、歯の汚れをキレイに落としてくれる歯ブラシということで、今や大注目になっているのだとか。

むむむ、これは気になりますねぇ~~~。
しかし、今はソラデー N4とシロクの組み合わせで、充分満足しているから、なかなかチャレンジしづらいところですね。

ちなみに、この歯ブラシの寿命って、いったいどれくらいなのでしょうね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。