FC2ブログ
2016/07/07

ウインブルドン、男子4強が決定

本日は久しぶりにスポーツネタを・・・。

なぜスポーツのことについて書こうと思ったのかというと、このブログを読み返していたときに、最後にスポーツネタを書いたのはいつだったのかな?と思い調べてみるとなんと、まさに1年前のこの時期に、ウインブルドン、男子4強が決定という内容のブログを書いていました。

そのときの4強はというと、ジョコビッチVSガスケ、フェデラーVSマレーという4強の対戦となっていましたが、今年2016年の対戦は、フェデラーVSラオニッチ、マレーVSベルディハとなっています。

振り返ってみると、これはかなり感慨深いですね。
なにせ2015年は、BIG4と呼ばれている選手のうち、3人が4強まで残っていたのに、2016年は、まさかのジョコビッチ敗退で、BIG4はフェデラーとマレーしか残っていません。

さて例のごとく、それぞれの対戦成績を振り返ってみると、フェデラーとラオニッチの対戦成績は、フェデラーからみて9勝2敗となっていて、2年前のウィンブルドンでも同じ準決勝で戦っており、このときはフェデラーが勝ち上がり決勝に進んでいます。

とはいえ、直近の試合では、2016年1月ブリスベン国際の決勝で対戦しており、そのときはラオニッチが6-4・6-4のストレートで勝利しています。

ですので、準々決勝で苦労してきたフェデラーと余裕のあったラオニッチの試合は、とてもいい試合になるのではないでしょうかね。

さて、マレーとベルディハなのですが、この二人の対戦成績は、マレーからみて8勝6敗となかなかいい試合をしているようです。

とはいえ、ベルディハは2013年以降、マレーと4試合し全敗となっていますから、意外に差が付いているようですが、実はこれまでこの二人は芝での試合を行っていないようで、今回が初対戦となるのだとか。

器用なビックサーバーであるベルディハですが、実力の割にあまり知名度がなく、ちょっと地味なプレイヤーですが、このウィンブルドンで優勝でもすると、また一皮むけるかもしれません。

ロジャー

しかし、昨日のフェデラー対チリッチは痺れましたね!

2015/07/09

ウインブルドン、男子4強が決定

テニスのウィンブルドンもついに4強が出揃いましたね。

全仏オープンの覇者で第4シード,現在世界ランキング4位のスタン・ワウリンカは、第21シードのリシャール・ガスケに敗れてしまいましたが、現在のランキングトップ3である、ジョコビッチ、フェデラー、マレーは順当に勝ち上がってきましたね。

かつては、先の3人と合わせてビッグ4として君臨していたナダルがここ数大会結果を残せない中、もうこの3人だけでビッグ3と呼んでもいいのかも知れませんね。

さて、今後のウィンブルドンの対戦なのですが、ジョコビッチVSガスケ、フェデラーVSマレーとなっていて、連覇を狙うジョコビッチとワウリンカを下してあがってきたガスケがどのような試合となるかが注目だと思います。

全仏では、ジョコビッチは初優勝を賭けた決勝でワウリンカに敗れており、今大会でその雪辱を果たしたいところだったのですが、直前の試合でワウリンカが敗れており、そのワウリンカを倒したのがガスケであり、このガスケはワウリンカと同じく片手バックハンドが得意なのです。

とはいえ、このガスケ、ジョコビッチとの対戦成績では、2007年に1度勝っただけで、これまでの対戦成績はガスケの1勝12敗となっているのです。

ちなみにこのガスケ、錦織圭との対戦成績では1度も負けておらず、錦織選手が勝ったことのない選手のうちの一人となっています。、

もう一試合は、マレーとフェデラーの試合となっていて、この2人の対戦は今回で通算24度目の激突となり、フェデラーの12勝11敗となっていてほぼ互角。

とはいえ、最近ではフェデラーが3連勝中とやや有利かなという状況です。

しかし、日程的なことも考えると、いかにテニスで勝ち上がっていくことが難しいのかを考えると、改めてビッグ4ってスゴイことなんだなと思ってしまいます。

2015/06/26

いよいよ明日、アルゼンチンVSコロンビア

ここ最近ネイマールが出場できなくなったからか、なぜかサッカーの南米大会であるコパ・アメリカのニュースが全然流れてきません。

既に準々決勝も半分を終え、チリ、ボリビアがベスト4入りを決めており、残り2つの椅子を、アルゼンチンかコロンビア、ブラジルかパラグアイが争うことになっています。

コパアメリカ

そして、明日、日本時間6月27日の朝8時30分からいよいよ注目のアルゼンチンVSコロンビアがぶつかり合います!!!

アルゼンチンは、メッシを中心としてテベス、ディ・マリア、マスチェラーノ、アグエロ、イグアインという世界でも屈指のFW陣を要しており、方やコロンビアもハメス・ロドリゲスを中心としたハードワークの出来るチームとなっており、準々決勝の中でも恐らく屈指の対戦カードになるかと思います。

ともにグループリーグでは苦戦してきており、特にコロンビアはまさかの今大会1得点だけという状況となっているので、恐らくは僅差での勝負になるかと思うのですが、コロンビアは失点においても1失点しかしていないことを考えると、とてもおもしろい好ゲームになるのではないかと思っています。

しかし、こんないい試合なのに、残念ながら民放では放送してくれないんですよね。
スカパーでは放映してくれるのですが、スカパーは衛星放送で有料ですし、私は契約していません・・・。

恐らくは、インターネットのニュースサイトを再更新しまくって、結果を知ることになるかと思います。
トホホ・・・

site:kida1977.blog.fc2.com 橘田幸俊